旅行に便利なLCC特集!各社情報とメリットやデメリットをご紹介【GXD】

- LCC各社の特徴とメリット

更新情報

LCC各社の特徴とメリット

このところ随分話題になっている格安航空会社(LCC)ですが、どのような航空会社があるのでしょう。
ここでは、LCC各社についてその特徴を簡単にご紹介していきます。
まず国内線ですが、なんと言っても有名なのはピーチでしょう。
2012年3月に定期便運行を開始、関西空港を拠点に運行しています。
その安さは破格で、例えば関西〜福岡便は最安値で3,590円という驚きの価格になっています。
ジェットスターはオーストラリアの航空会社です。
成田空港、関西空港、中部空港を拠点にしています。
成田〜那覇便が5,490円から、関西〜札幌便が4,890円からなど、こちらも破格の価格設定になっています。
バニラエアは搭乗率の回復をもくろんでエアジャパンから生まれ変わりました。
成田空港を拠点に運行されます。
成田〜那覇便は7,500円から、成田〜札幌便は5,500円からとなっています。
次に国際線です。日本とアジアを結ぶLCCは10社以上あります。
ピーチ、バニラエア、イースター航空、エアプサン、ジンエアーなどです。
特に目を引くのは、チェジュ航空のソウル便でしょうか。
成田と関西からは3,400円から、福岡からはなんと1,900円です。
ちょっと行って帰ってこられる手軽な料金ですよね。
LCCはこのように破格で利用できます。しかしデメリットも十分理解して、上手に利用しましょう。

LCCのデメリットや注意点

格安航空会社(http://tabiwalk.com/)いわゆるLCCですが、最近ではいろんな航空会社が参入してきましたね。
利用者の側からすると、便や行き先も増えて大変嬉しいことです。
ただ、LCCを利用する際には注意しなければならないことがあります。
それは、予定していた便が欠航したときのリスクを背負わなくてはならないということです。
実は、LCCでは便が欠航した場合、基本的には他社便への振り替えも他の交通機関への振り替えもしないのです。
機体の故障など、明らかに会社側の不備だとわかるときでも同じことです。
さらには、欠航に伴う滞在費も自己負担ですし、宿泊の手配などももちろんしてくれません。
そして困ったことに、その日の天候の問題だけではなく、次の日も機体のやりくりができずに欠航になってしまうようなことも少なからずあるのです。
こうしてみると、デメリットがとても大きいような気がしますが、このデメリットのおかげで格安の低コストも実現できているんですね。
ですから、このLCCのメリットとデメリットをきちんと理解して利用することが大切です。
時々ニュース映像などで、カウンターでトラブルになっている様子なども見かけますが、デメリットを知らずに格安だということだけで利用しようとしたお客さんなのでしょう。
ですが、LCCの中でも振り替えをしてくれるところも出てきているようです。
競争が激化してきていますから、サービス面の向上もはかっていかなくてはならないのだと思います。
利用者にとっては、ますますありがたいことですね。


格安航空券(国内)の価格検索・比較 – トラベル・ジェーピー


JAL−航空券 予約・空席照会・運賃案内−


航空券ドットネット


H.I.S. | 海外旅行(海外ツアー・格安航空券)の総合旅行サイト


格安航空券のetour

Copyright(C)2014 旅行に便利なLCC特集!各社情報とメリットやデメリットをご紹介【GXD】 All Rights Reserved.